世の中の結婚指輪の相場は一体いくら?

最も多い価格帯は10万円台

結婚指輪に使われる貴金属の相場による上下はあるものの、最も多い価格帯は10万円代と言われています。夫婦揃って20万円程度はかかるわけですが、5万円台で済むカップルや20万円以上の指輪を選ぶ人もいるわけです。金属アレルギーによりステンレスやタングステンしか選べないカップルを除けば、妻側に装飾が多く施された指輪を選ぶ傾向があります。
価格に対するバラツキには、シンプルなタイプの結婚指輪であれば同じ材料を使っていても、デザイン料が少ない分だけ安上がりとなるわけです。オリジナルデザインを施した結婚指輪を選ぶカップルの数は、さほど大きく変わるわけではなく、地域性にもよるので比較は難しいでしょう。永年使い続けるものですから、奇抜すぎるデザインは避けて選ぶことが望ましいです。

ブランドも結婚指輪選びではポイントとなります

結婚指輪の中で、貴金属の種類として多く用いられているのは、プラチナと金です。価格帯にバラツキが出る理由の中でも、素材以外の要素として影響が大きく出るのは、オーダーメイドとブランド品の2種類があります。
オーダーメイドであれば、1点ものを作成する必要があるので大量生産が出来ません。量産効果が期待出来ない分だけ、デザイナーと職人にかかるコストが乗ってくるわけです。ブランドについては、職業柄からシンプルなデザインの結婚指輪を選択する場合には、せめて歴史あるブランド品の結婚指輪にしようと考えた場合に選択肢に入ってきます。永年のデザインと信頼性からシンプルながらも洗練された結婚指輪として仕上がっているので、素材に掛かったコスト以外にブランド価値も結婚指輪に込められた上での価格となるでしょう。